更年期障害も怖くない!

40〜50代の女性がもつ、さまざまな不定愁訴を更年期障害といいます。女性ホルモンの減少が原因で起こり、主な症状はめまいや頭痛、いらいら感、肩こりなど、人によってさまざまです。近年では、更年期障害の治療にプラセンタ注射を用いるクリニックが増えてきました。更年期障害の治療でプラセンタ療法を取る場合は保険が適応されるクリニックがほとんどです。
プラセンタが更年期障害に効くのは卵巣ホルモンであるエストロゲンの分泌の乱れを調整することでホルモンバランスを調節する作用があるからです。また、女性ホルモンと密接な関係がある自律神経が同時に整いますので、精神的にも気分が明るくなるなどの作用があります。
プラセンタの注射薬として厚生労働省の認可を受けているメルスモンという薬を注射する治療が一般的です。メルスモンは、国の認可を受けてから約50年経過しており、さまざまな病院やクリニックで使用されています。注射のほかにもドリンクやサプリメントなどでプラセンタを摂取する方法もあります。ドリンクは、独特なにおいがあるため、飲むのを苦手な人もいるようです。しかし、最近では、いろいろと改良が加えられており、飲みやすい製品が増えていますので、これまで避けていた人も、はじめて飲む人も抵抗なく飲めると思います。
更年期障害は、徐々に若年化してきていると言われています。プラセンタのおかげで、更年期もふっとばせ!と思える今日この頃です。

Copyright© プラセンタって何? All Rights Reserved.